女性だと着替えをしている時や、ふと顔を触った手で服に触れてしまった時など口紅をつけてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。

男性の場合、満員電車で女性の口紅が接触する事故が起こるケースがまれにあります。

やましいことはなくてもワイシャツに口紅が付いてしまうと恥ずかしいはずです。

 

口紅は普通に水洗いするだけでは落ちませんが、クリーニングに出さなくても落とせる場合が多いです。

この記事では、

  • 口紅が水洗いで落ちない理由
  • 外出先で応急処置として口紅汚れを落とす方法
  • 帰宅してから本格的に汚れを落とす方法(動画あり)
  • クリーニングに出す場合について

それぞれご紹介します。

知りたい情報が決まっている場合は、下記をタッチ(クリック)すれば、該当の箇所にジャンプできます。

外出先での洗い方(応急処置)にジャンプ

自宅などで本格的に汚れを落とす方法にジャンプ

クリーニングに出す場合にジャンプ

口紅が水洗いでは落ちない理由

汚れの落とし方を見る前に、口紅の性質を簡単に知っておくのがおすすめです。

口紅は普通に水洗いしても落ちません。

なぜかというと水溶性ではなく油溶性だからです。

 

そもそも汚れの種類は大まかに3つに分類することができます。

  1. 不溶性
  2. 水溶性
  3. 油溶性

の3種類です。

汚れの種類 水に対する性質 油対に対する性質 洗い方 汚れの例
不溶性の汚れ 溶けない 溶けない 洗濯機などの衝撃で落とす ほこり、砂
水溶性の汚れ 溶ける 溶けない 水洗い コーヒー、お茶
油溶性の汚れ 溶けない 溶ける 有機溶剤(油)で洗う 口紅、ファンデーション

3種類の汚れについて、それぞれ簡単に説明します。

不溶性の汚れ

水にも油にも溶けない汚れのこと。

ほこりや砂などが不溶性の汚れに含まれます。

手洗いしたり、洗濯機に取り込むなど、衝撃を加えることで汚れを除くことできます。

水溶性の汚れ

水に溶けるけど、油には溶けない汚れのこと。

コーヒーやお茶などが水溶性の汚れです。

水洗いで落とすことができます。

油溶性の汚れ

水に溶けないけど、油には溶ける汚れのこと。

食用油やファンデーションなどが不溶性の汚れです。

水洗いでは汚れを落とせません。

有機溶剤(油)で落とすことができます。

 

口紅は油溶性の汚れなので、水洗いでは落ちません。

家庭用洗濯機も水洗いの一種なので水溶性の汚れを落とすのに適してはいますが、油溶性汚れの洗浄には向いていません。

なので洗濯機で洗っても口紅は落ちづらいです。

 

クリーニング屋さんのドライクリーニングは有機溶剤を用いるため、油溶性の汚れを落とすのに適しています。

クリーニングに持っていくのもいいですが、口紅が衣類についてから時間が経っていなければクレンジングオイルか食器用中性洗剤で落とせる場合が多いです。

(洗い方は後述します。)

 

ここまでの内容をまとめると、

口紅は油溶性なので、水洗いでは落ちず、油に溶かすことで汚れを落とせるということです。

外出先で汚れを落とす方法

出先で応急処置として口紅を落とす(目立たなくする)方法を紹介します。

応急処置で必要なもの

  • ハンドソープ
  • ハンドペーパー(ティッシュやテーブルナプキンでもOK)

応急処置の手順

まずハンドソープや、手を洗ったあとに拭く時に使用するハンドペーパーがある洗面所へ行きます。

ハンドペーパーにハンドソープをつけて、それを汚れの部分にあてて軽く叩きます。

この時、こすらないようにしましょう。

汚れが広がったり、ワイシャツの繊維の奥に入り込んで落ちづらくなると厄介です。

 

ハンドペーパーがなければティッシュや、喫茶店にある汚れを拭く紙(テーブルナプキン、ペーパーナプキンともいう。)
で代用しましょう。

 

軽く叩いて汚れを落とす際に、口紅が付いた部分の裏側からもハンドペーパーをあてながらするとより良いです。

 

応急処置をする場所にもよりますが、ジャケットのような上着ならまだしも、ワイシャツ・ブラウスは脱ぎづらい状況も多そうですね。

口紅がついた箇所によっては、ワイシャツを着用したままになって、洗いづらいかもしれません。

それでも汚れが付着してからなるべく早く対処をする方がいいので、応急処置しましょう。

 

次は帰宅後に本格的に汚れを落とす方法です。

帰宅してから本格的に汚れを落とす方法【動画あり】

▼YouTubeに口紅の落とし方の実演動画があるので紹介します。

動画の内容を文字で紹介します。

(一部、注意点など補足もしています。)

口紅を落とすのに【必要なもの】

  • クレンジングオイル(なければ食器用中性洗剤でもOK)
  • 汚れていいタオル
  • 不要な歯ブラシ(綿棒でもOK)

口紅を落とす【手順】

  1. 口紅が付着した部分にタオルをあてる
  2. 裏側からクレンジングオイルをかける
  3. 歯ブラシ(綿棒)で軽く叩く
  4. 汚れが落ちきるまで2と3を繰り返す
  5. お湯ですすぐ

手順1~5までの詳細をそれぞれ説明します。

手順1:口紅が付着した部分にタオルをあてる

まずは口紅が付いた側に乾いたタオルをあてます。

動画のようにワイシャツ/ブラウスの表側(外側)に口紅が付くことが多いと思いますが、その場合、表側にタオルをあてます(ワイシャツの表側が下になるようにして、その下にタオル敷きます。

手順2:汚れの裏側からクレンジングオイルをかける

口紅が付着した部分の裏側からクレンジングオイルをかけます。

手順3:歯ブラシ(綿棒)で軽く叩く

不要になった歯ブラシ(綿棒でも可)でクレンジングオイルをつけた部分を軽く叩きます。

下に敷いたタオルに口紅汚れを移すので、タオルは汚れてもいいものを使用してください。

この時、注意することはゴシゴシこすらないこと。

こすると汚れが広がったり、ワイシャツ繊維の奥に入り込むおそれがあり、そうなれば汚れが落ちづらくなってしまいます。

手順4:汚れが落ちきるまで2と3を繰り返す

汚れが落ちるまで、2(クレンジングオイルをかける)と3(歯ブラシで軽く叩く)を繰り返します。

繰り返しになりますが、こすらず叩いて根気よく汚れを落としましょう。

手順5:お湯ですすぐ

汚れが落ちたらクレンジングオイルをかけた部分を水洗いします。

常温の水より40度ぐらいのお湯ですすぐ方が効果的です。

 

男性の場合、クレンジングオイルを持っていないのが普通だと思います。

同居している女性(奥さん、彼女、母親、姉・妹など)がいれば、借りることもできますが、100円ショップで買うこともできます。

口紅を落とすためだけにクレンジングオイルを購入するのは気が引けるなら、「キュキュット」のような食器用中性洗剤で洗ってもいいです。

(食器用洗剤は同一ブランドでも、中性の商品もあれば、弱アルカリ性や弱酸性の商品があることもあるので、気をつけましょう。)

 

ほかにも消毒用エタノールやベンジンもクレンジングオイルの代用になります。

クリーニングに出す場合

先述したように、口紅は油溶性なので衣類に付着してからよほど時間が経っていなければ、クリーニング屋さんのドライクリーニングで落とすこともできます。

(ドライクリーニングは水ではなく、有機溶剤(油)で洗濯する方法で、口紅のような油溶性汚れを落とすのに適しています。)

 

仕事で疲れるなどして「自分で汚れを落とすのはしんどい、面倒」という場合はクリーニングに出すのもありですが、汚れがついたまま放置しておくと落ちにくくなるので、早めに出しましょう。

 

「クリーニングに持っていくのが手間だ」

「営業時間内に持っていけない」

などという場合は宅配クリーニングの利用をおすすめします。

コンビニやロッカーで出したり、受け取ったりできる宅配クリーニング業者もあります。