お酒の場では盛り上がったり、酔うこともあって、スーツにビールがかかってしまうこともあるでしょう。

ビールは水洗いで落ちる汚れなので、普通に家庭で洗濯できる衣類なら簡単に汚れを落とせます。

ワイシャツやブラウスなどであれば洗濯できるものが多いですが、ジャケットやスラックス、スカート、ネクタイなどは水洗いできないものも多いですよね。

この記事では、

  • 外出先で応急処置する方法
  • 帰宅後に自力で水洗いする方法(動画あり)
  • クリーニングに出す場合について

それぞれご紹介します。

知りたい情報が決まっている場合は、下記をタッチ(クリック)すれば、該当の箇所にジャンプできます。

外出先での応急処置の仕方にジャンプ

自力で汚れを落とす方法(※ただし洗濯できるものに限る)にジャンプ

クリーニングに出す場合にジャンプ

居酒屋など外出先での応急処置の仕方

出先でビールがスーツに付着したときに応急処置する方法を紹介します。

応急処置で必要なもの

  • ハンカチかタオル

応急処置の手順

手順というほど複雑なことをする必要はなく、応急処置としてすることは、ハンカチなどでビールを吸い取るだけです。

乾いたハンカチやタオルなどでビールを吸い取りましょう。

ビールを吸い取る時の注意点としては、こすらないようにしましょう。

スーツの繊維の奥に入り込むと厄介です。

 

スーツにビールがかかる場面といえば、居酒屋などの飲食店が多いと思いますが、おしぼりで拭きとらないように注意しましょう。

おしぼりが塩素系の漂白剤で洗浄されていて、漂白成分のすすぎが十分でなければ、拭いた部分が色落ちするおそれがあります。

スーツが部分的に脱色してしまうと、すごく残念な気分になるので、ハンカチなどで拭くようにしてください。

 

応急処置の注意点

  • おしぼりで拭かずにハンカチなどを使用する(スーツの脱色を防ぐため)
  • こすらない(繊維の奥に汚れが染み込むのを防ぐため)

 

特に濃い色のスーツだと汚れが落ちたかどうかわかりにくいですが、ビール汚れが落ちきっていなければ、時間が経つことで汚れが酸化します。

酸化が進むと黄ばみや変色の原因になるので、早めにクリーニングに出しましょう。

しみになると、頑固な汚れになってしまいます。

 

次は帰宅後に自力でビールの汚れを落とす方法(※ただし家庭用洗濯機で水洗いできるものに限る)について紹介します。

洗濯できないスーツの場合は、クリーニングに出す場合にジャンプすることを推奨します。

【洗濯できるスーツに限る】自力で汚れを落とす方法!動画あり

▼YouTubeにビールの落とし方の実演動画があるので紹介します。

スラックスにこぼしたビールの落とし方が説明されています。

動画のスラックスの素材はわかりませんが、最後に洗濯機に入れているので、洗濯できるスラックスだと思われます。

洗濯できるスーツの場合、クリーニングに出さずに自力で落とすのもいいかもしれません。

動画の内容を簡単に紹介します。

ビールを自力で落とすのに【必要なもの】

  • タオル
  • 食器用洗剤
  • 歯ブラシ
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 酸素系漂白剤
  • 熱湯(40~60度)
  • クエン酸水(水100㎖に対してクエン酸小さじ1/2)

ビールを自力で落とす【手順】

  1. スラックスの下にタオルを敷く
  2. ビール汚れに食器用洗剤をかける
  3. 歯ブラシで叩く(タオルに汚れを移す)
  4. 汚れにセスキ炭酸ソーダと酸素系漂白剤をかける(分量は汚れを覆うぐらい)
  5. 汚れに熱湯をかける(40~60度)
  6. 10分間つけ置きする
  7. 汚れにクエン酸と水を混ぜたものをかける(水100㎖に対してクエン酸小さじ1/2)
  8. 洗濯機で洗う(やさしく洗えるコースで洗濯)

自力で洗うのが面倒なら、汚れが黄ばみや変色する前に、クリーニングに出しましょう。

しみになると落ちづらくなってしまいます。

クリーニングに出す場合

ビールは水溶性の汚れです。

クリー二ングに出す際は、ウェットクリーニングしてもらいましょう。

 

スーツのジャケットなど水洗いできない衣類をクリー二ングに出すときに、なじみのある洗い方はドライクリーニングですが、有機溶剤を使用して洗濯するドライクリーニングは口紅やファンデーションなど油溶性の汚れを落とすのに適した洗い方です。

水溶性であるビールを洗う場合は、水溶性汚れを落とすのに適したウェットクリーニングで洗ってもらいましょう。

 

クリー二ング店での「ウェットクリーニング」と、家庭での「普通の水洗い」の違いですが、ウェットクリーニングは水洗い不可やドライクリーニングの洗濯表示がついている衣類を水洗いする特殊なクリー二ング方法です。

水洗いは、有機溶剤を使用するドライクリーニングに比べて衣類に洗えるダメージが大きく、

  • 色落ち
  • 型崩れ
  • 縮み

などを起こしやすい洗い方です。

 

ウェットクリーニングでは、クリー二ング屋さんのプロが、衣類に極力ダメージを与えないように丁寧に水洗いしますが、それでも少なからず型崩れ、縮みを起こしてしまいます。

そのため水洗いするだけでなく、その後に衣類を成型して復元するためのアイロンがけをします。

 

クリー二ング店によってやり方で異なる部分があるかもしれませんが、YouTubeにウェットクリーニングの動画があるので掲載します。

▼ウェットクリーニングと普通の水洗いの違いについてクリーニング屋さんのYouTube動画

どんなに丁寧に水洗いしてもスーツに型崩れ・縮みが生じてしまう以上、水洗いだけでなく成型が必要となるので、ウェットクリーニングに出しましょう。

 

クリー二ングに出すときに撥水加工もしてもらえば、飲み物や食べ物などの汚れがつきにくくなるので、スーツをより長持ちさせることができます。

 

「近所のクリーニング店に持っていくのが面倒」

「営業時間内に持っていけない」

などという場合は、宅配クリーニングを利用するのもおすすめです。

コンビニやロッカーで出したり、受け取ったりできる宅配クリーニング業者もあります。